極力痛みの少ない治療をご提供するために

安心の無痛リラクゼーション法をご提供するための取り組み

歯科治療は痛いというイメージはありませんか?そんなイメージが先行するあまり、歯科医院に行きたくないという方も少なくありません。

口元の健康美をご提供する「医療法人社団耕陽会」は、患者様の不安やストレスを軽減するために、無痛リラクゼーション法を取り入れています。実際に無痛リラクゼーション法を受けて、歯医者に対する苦手意識が少なったと言われる患者様が、多数いらっしゃいます。痛みの少ない治療でストレスなく健康になりませんか?

寝ている感覚で治療を受けられる麻酔があります

メリット1:治療に必要な情報の詳細把握ができます

治療の痛みが本当に苦手な方には、麻酔薬を点滴によって腕の静脈に投与する「静脈内鎮静法」という麻酔方法を行うこともあります。

ぼんやりと意識はありますが、ほぼ眠っているような状態となるため治療の振動や痛みが感じにくくなります。そのためほとんどの方があっという間に治療が終わったという感覚になると言われています。

ただ全身麻酔とは異なり意識がなくなるわけではありませんので、通常の麻酔も併わせて使用します。問いかけなどに反応できますので、高い安全性があります。

静脈内鎮静法をおすすめする方
  • 短期間で複数の歯の治療を終わらせたい方
  • 歯科治療の痛みが本当に苦手な方
  • 口の中に物が入ると吐き気がする方
静脈内鎮静法を検討されている方へ
  • 妊娠中・授乳中の方、お子様には使用できません
  • 心臓や肝臓などに異常がある方は、使用できないことがあります
  • 薬剤に含まれる成分にアレルギーがある方は、使用できないことがあります
  • 麻酔終了直後には頭がボーっとする場合があります
    (院内でしっかりとお休みいただくか、ご家族の方に迎えに来ていただきます)
  • 麻酔が切れたあとは、痛みを感じることがあります(飲み薬をお渡しします)
  • 麻酔前の飲食を控えていただく必要があります

無痛リラクゼーション法の流れ

1:カウンセリングと検査
1

治療を行う前に、まずは患者様の状況について詳しくヒアリングさせていただきます。症状や心境についてお聞かせください。また、レントゲンなどで簡単な検査を行います。

2:静脈内鎮静法
2

治療の際の痛みを緩和するために、静脈に点滴を打ちます。注入して2、3分程度すると意識がぼんやりとしはじめます。人によってはそのまま眠ってしまう方もいます。

3:治療開始
3

麻酔が効いて患者様の意識がぼんやりし始めたら、治療を始めます。薬が効いているので、痛みを感じることはほとんどありません。

4:.治療後の休憩
4

治療後は、意識がしっかり回復するまで休憩していただきます。ソファでゆっくりとお休みください。

その他痛みを抑える取り組み

治療で発生する痛みは、麻酔時の工夫によって抑えることができます。当院では、以下の取り組みを行っています。

麻酔をする前の表面麻酔
特殊「All-on-4R」のザイゴマインプラントについて

麻酔の注射が苦手という方も多くいらっしゃいます。そこで麻酔時の注射の痛みを軽減させるのが表面麻酔です。歯ぐきに塗って麻酔針が刺さるときの痛みを和らげます。

極細の麻酔針の使用
特殊「All-on-4R」のザイゴマインプラントについて

麻酔の際は極力細い針を使用する方が、痛みを抑えられます。当院では表面麻酔と併用することで極力痛みを感じないように工夫をしております。

電動麻酔器を使用
特殊「All-on-4R」のザイゴマインプラントについて

麻酔薬を注射する際に、注入スピードにムラがあると痛みを感じることがあります。当院では電動麻酔器を使用し、コンピュータ制御によって注入速度や圧力を一定にすることで痛みを感じにくくするようにしております。